ハース のり子

マインドフルネス

人への思いやりの第一歩はセルフケアから始まる、という言葉を胸に抱きながら、自らの体験を通して学んだマインドフルネス。

健康と生活改善に役立つマインドフルネスの基礎を学んでみませんか。

提供中のコース

コーチプロフィール

2012年 仕事場でのストレスがひどくなり、睡眠不足、消化不良、心配性などに悩まされる日々が続く中、マインドフルネスと出会う。
2013年 8週間マインドフルネス・ストレス低減法プログラム(MBSR)に参加。少しずつマインドフルネス瞑想の効果を感じ始め、もっと深く勉強したいと興味を持ちプラクティス及びトレーニングを続ける。
5日間集中プログラム、マインドフル・セルフ・コンパッション(MSC)に参加し、「人」への思いやりの第一歩はセルフケアから始まる、という教えが胸に響き、マインドフルネスを教えたいとキャリアチェンジを決心。
2014年-現在 講師養成トレーニング、サイレンとリトリート参加を経て、カリフォルニア大学サンディエゴ校マインドフルネス・センターにて、MBSRとMSCプログラム講師として参加。現在その他週一度のマインドフル瞑想のセッションと、月一度のマインドフルネス・ワークショップを開催。

マインドフルネス・プログラム・トレーニング&リトリート略歴
• 8週間マインドフルネス・ストレス低減法 (MBSR)
• MBSR 5日間集中講師養成トレーニング
• 5日間マインドフル・セルフ・コンパッション (MSC)
• MSC 6日間集中講師養成トレーニング
• 7日間 MBSR in Mind-Body Medicine Professional Training
• 7日間マインドフルネス・サイレント・リトリート
Transforming the Judgmental Mind
• 7日間マインドフルネス・サイレント・リトリート
Finding Freedom in the Body: Mindfulness of the Body as a Gateway to Liberation
• Essential Buddhist Teachings Part IIオンラインコース

■始めたきっかけ
ストレスで不眠症、不安症、消化不良に悩まされていた時に、マインドフルネス瞑想とトレーニングを始めました。その結果ストレス低減されたと同時に、これまで不満を抱いていた自身のキャリアチェンジにもつながりました。マインドフルネスの効果を他の人にもお伝えしたく、現在はマインドフルネスセンターでオフィス・マネージャーとして働くと同時にマインドフルネス・プログラムを教えています。

■指導方針
マインドフルネスやセルフ・コンパッションを日常生活に取り入れて、継続していただけるようにお伝えします。

■生徒にどうなってほしいか
どんな状況に陥っても、自分の心と身体の声に耳を傾けて、自分にとって本当に大切なものを育み続けてほしい。

スマートコーチとは?

①課題動画が届く

レッスンが始まると課題動画が送られてきます。まずは課題動画をしっかりと見て、ポイントを理解してください。

②チャレンジ動画を撮影

課題動画を参考に、自らチャレンジした動画を撮影。サイトを通してコーチへと送ります。

③コーチが動画へ直接添削

送られてきた動画をコーチがチェック。動画からあなたの課題を見つけ出し動画を直接添削。チェック動画を送り返します。

スマートコーチの使い方

1 アカウント作成 1 アカウント作成

必要事項を入力してアカウントを作ります。

アカウント作成 アカウント作成
2 コースのお申し込み 2 コースのお申し込み

コースを選択し、申込をおこないます。

コースのお申し込み コースのお申し込み
3 レッスン開始 3 レッスン開始

スマートコーチならこんなレッスンが受けられます! スマートコーチならこんなレッスンが受けられます!

来年の体育祭までにもっと早く走りたいけど、どんなトレーニングをすれば良いかわからない・・・ 来年の体育祭までにもっと早く走りたいけど、どんなトレーニングをすれば良いかわからない・・・

コーチが、あなたの目標に合わせたレッスンプログラムを提供してくれます!さらに、弱点はその都度、動画に対して、 音声と赤ペンで指導が受けられます。 コーチが、あなたの目標に合わせたレッスンプログラムを提供してくれます!さらに、弱点はその都度、動画に対して、 音声と赤ペンで指導が受けられます。

コーチ

短距離走で速く走るには、
大きなストライドと速い足の運びが重要です。
動画を参考に、あなたの走っている姿勢を
撮影してください。

生徒

こんな感じかな?
もう一回コーチの動画を見てみよう。

よし、これでコーチに見てもらおう!

コーチ

腕を大きく前にすばやく振ることと、
少し大股気味に走ることです。
姿勢を良くして、膝の曲がりを浅くさせる事がポイントです。
次回からはスタート時のスピードアップ方を
レッスンします。

さあ、はじめよう!

ログイン



パスワードを忘れた方はこちら

新規登録

コース受講をご希望でアカウントをお持ちでない方は、新規登録を行ってください。

新規登録
もどる